ストローの特別感


ストローで飲み物を飲むのが好きです。

 

何でもないコーヒーでもお茶でも水でも

少しだけ贅沢に感じられる特別感がある気がします。

 

ストロー以外にもこのエスプレッソとミルクのグラデーションも。

 

ラテを出していたバイト時代は混ぜずに出すのがお店の決まりで、

なぜ混ぜないんだ。と感じていたことを最近思い出しました。

その手間すら減らすためかと思っていたけど

 

飲むまでの短い時間にだけ味わえる

このグラデーションが贅沢なのかなと今は感じます。

この2層を自分で壊すのもまた贅沢のひとつ。

 

ストローとグラデと

あとカップやスリーブも。

スーパーでの100円の差はとても大きいけれど

カフェでの1杯には500円近く躊躇なく出せるのも

きっと「特別感」マジック。

 

こういう類の演出のお手伝いができるのも

デザインのお仕事の醍醐味の一つだなーと感じます。

何気ない毎日に小さな贅沢、少しの特別を与えられたら嬉しいですね。

 

投稿者:大津菜紀

アーカイブ

リディアミックス松下剛の人生ささえられっぱなし

クリニック専門 ホームページ作成