夜は短し歩けよ乙女


今週は予定という予定もなく

土日は何をしようかと考えたとき最初に思いつくのは読書。

そういえば『森見登美彦』氏の『夜は短し歩けよ乙女』が

映画化する。

同じく『有頂天家族 二代目の帰朝』のアニメが春から始まる。

どちらも好きな作品なので両方再読したかったのですが、

映画化する『夜は短し歩けよ乙女』を再読することに。

▼おおまかなあらすじ

京都を舞台に京都大学らしき大学や周辺地域を舞台にして、さえない男子学生『先輩』と無邪気な後輩女性『黒髪の乙女』の恋物語を2人の視点から交互に描いています。

 

これだけ聞けば普通の青春を謳歌する小説だろうと、万人はそう思うかも知れない。ただ読むと違う。

そこには個性的なキャラクターがいて、リアリティーだけどファンタジーに溢れる京都を舞台に、『黒髪の乙女』を中心にどんちゃん騒ぎが起きて、

途中で『先輩』の事を忘れる。と思ったら『先輩』目線で事の顛末が語らる。

二人の視点で語られる物語はとても魅力的であり、京都に行きたくなる。

僕自身もこの本やこの本以外の『森見登美彦』氏の作品に出逢ってからは、京都に無縁でしたが、毎年時間あるときには、一人で京都に足を運ぶようになりました。

『森見登美彦』氏の小説はほぼ読了しているが、良い意味で回りくどい言い方が多い。それがとても癖になる。

本の中身以外でも本の表紙やキャラクターデザインを起こしている中村佑介さんのイラストも凄く好きで、画集を買おうとも思っています。

 

『夜は短し歩けよ乙女』は4月7日から全国公開!

お時間ある方は是非原作もご覧ください。

▼『夜は短し歩けよ乙女』予告動画

▼『有頂天家族 二代目の帰朝』のPVはこちら

投稿者:丹生谷 晃平

アーカイブ

リディアミックス松下剛の人生ささえられっぱなし

クリニック専門 ホームページ作成