江藤のカメラ講座 vol5 – 手ぶれはシャッターをきる瞬間に


知っていますでしょうか。

手ぶれはシャッターをきる瞬間に起きやすいことを。

 

はずかしい手ぶれ…

 

ボタンをぎゅっと押すのでカメラが動きやすいんです。

三脚で固定している物撮りの時でさえも、撮る瞬間にブレてしまうことも。

 

それを解決するためにカメラとつないだリモコンでシャッターを切るものもありますし、

無線でシャッターを切るものもあったりします。

こんなものですね。カメラマンは必ず使ってると思います。

出典:Nikonホームページより

 

 

とはいっても、なかなかそんなもの使わないし、という時にオススメなのは

多分どんなカメラにもある「2秒セルフタイマー」の機能です。

 

 

 

セルフタイマーというと、集合写真とかを撮る時に使う10秒くらいのものを想像しますが、

これはその名の通り、「ボタンを押した2秒後にシャッターを切る」機能。

 

設定も、きっと10秒のセルフタイマーの横あたりにボタンがあると思います。

 

 

これを使えば撮る瞬間はカメラに触っていないので手ブレすることはありません。

三脚にカメラを固定した時はぜひとも使っていきたい機能です。

おすすめです!

 

投稿者:江藤亮介

アーカイブ

リディアミックス松下剛の人生ささえられっぱなし

クリニック専門 ホームページ作成