LEDIAMIX
JOURNAL
リディアミックスジャーナル

GASの使い方(セルの値を入力)

前回、GASでのセルの値の取得について説明したので、今回はセルの値を入力することについて説明していきます。

前回の記事はこちらです。

 

おさらい

前回のセルの取得では、「getRange(xxx)」を使いました。

そしてセルの値を取得するには、getValue、getValuesを使いセルに対して値を取得します。

 

 

セルの値を入力(単体のセル)

セルの値をセットするときもgetRangeを使います。

セルに対して何かしらの操作をするときは、必ずといっていい程このgetRangeが同情する訳です。

var val = ss.getRange(B2).setValue(‘Hello World!’);

 

getRangeの引数は、アドレス・番号の両方の指定が可能です。

setValueの引数はテキストを直で入力でも、配列でも指定可能です。

 

セルの値を入力(複数のセル)

getRangeで複数セルを取得した場合は、setValuesとして複数の値をまとめて入力することができます。

var val = ss.getRange(‘1,1,2,2’).setValues(vals);
valsに入れる配列は形が決まっているので、直の記事で詳しく説明していきます。

setValuesを効率よく使っていけば、コード全体の処理のスピードアップにも繋がるので、

for文やforEach文とも組み合わせると、スッキリしたコードで書くことができるようになるはずです。

 

こちらもおいおいジャーナルの中で説明していきたいと思います。