LEDIAMIX
JOURNAL
リディアミックスジャーナル

GASの使い方(while文)

今回はwhile文です。

 

while文

前回for文でループ処理について説明しましたが、

同じようにループ処理をするものです。

 

使い方は・・・

 

for(条件式){

//処理(繰り返し)

}

 

for文よりシンプルに見えますが、やっていることはほとんど同じことで、

ループのやり方が違うだけです。

「条件式」がTRUEを返す間は、繰り返し処理をずっとやりますよってことですね。

ちなみに「TRUE」「FALSE」というのは、理論値というものです。

要するに、マルかバツか、とか、OnかOffかというように、

「この条件は合ってますよ」という返事のようなものだと思ってください。

 

サンプル

以下のスクリプトを動かすと、

 

var i=0;

while(i < 10){

Logger.log(i);

i++;

}

 

事項結果には、

0から9までの数字が出力されるはずです!

 

前回のfor文で言うと、

for(var i = 0;i < 10;i++){

Logger.log(i);

}

と同じことです!

 

こちらもループ処理を抜ける処理をしっかりと記載することが必須です。

出ないとずっとループをすることになるので、気をつけて使いましょう。