LEDIAMIX
JOURNAL
リディアミックスジャーナル

デザイン×tumugu

 

リディアミックスが運営するほうじ茶専門店「ほうじ茶屋tumugu

商品の販売や運営については、まだまだ勉強中。

 

ですが、

デザインに関しては今までたくさんのお客様のご依頼を通して

多くのツールデザインを制作させていただいてきました。

 

その経験をもとに

リディアミックスのデザインチームが

tumuguデザインで力を発揮している部分を紹介したいと思います。

 

ロゴ


軽やかに、日々のしあわせを重ねていく。

「紡ぐ」といく言葉は、棉や繭から繊維を取り出すことが語源です。
繊維を撚り合わせることで糸となり、それを編み込むことで布となります。
糸が積み重なり合う様子をイメージした一本の線は、自由で流れるように時を重ねていく象徴。
はな歌をうたうように軽やかに日々を楽しむお手伝いをする存在でありたい。

という想いを込めたロゴです。

 

パッケージ

 

生産者の想いの込められた「本物」を、消費者の生活の一部として馴染む形で届ける。
華美な装飾はせず、つつましく凛とした佇まいで日々の生活によりそう、
そんなお茶でありたいと思います。

上部のシールは日本の伝統色で色分けし、味の種類をわかりやすく。
下部にはロゴのみを配置し、必要最小限の情報で屋号を的確に伝えます。

 

 

ロゴとパッケージでは、社内コンペを開催しました。

事前にtumuguのコンセプトや農家さんの話を直接伺う場を設け、

ほうじ茶の試飲をして各々イメージを膨らませました。

 

 

Webサイト

 

デザインはもちろん、

コーディングなどでもtumuguの魅力が存分に伝わる仕様になっています。

 

コミュニケーションツール

つむぐごと。

 

 

商品をご購入いただいたお客様へ、

tumuguの想いを伝える「つむぐごと。はじめまして」に始まり、

その後は2か月ごとに制作する最新号(生産者・生産地のご紹介)をお届けします。

 

その名の通り、tumuguを通し

「購入いただいたお客様」と「生産者・生産地」の

ご縁を紡ぐきっかけになれば嬉しいなぁという想いで制作しています。

 

以下のページからバックナンバーもご覧いただけます。

→ つむぐごと。

 

 

自社でブランドを持つことにより

どんどん学びを重ねているリディアミックスです。

 

ロゴやパッケージなどのブランディングデザインから

販売に必要なLPやWebサイトまで

制作のご相談、お見積もりなど、お気軽にお問い合わせください。

 

→ ブランディングデザインについてはこちら